負けるのは心理的要因と言われている

4HMACD3301USDJPY

また、FXで負ける人は心理的な要因もあると言われています。
自己流でやっている人からすると、FXはいわばすべてが疑心暗鬼です。
心の拠り所もありません。
ですから上級者からすると考えられないような事をしてしまうようなケースさえあるのですが、行っている当人からすると精神的な事を考えてしまうのです。
「今こそ売るべきか」「いや買うべきか」といった、自分の中では絶対に答えが出ない事であれこれ自問自答を繰りかす。
答えが出るものではありませんから、結局そこで時間と共に妥協のような結果を出してしまい、惨敗する。
このようなケースもあれば、そもそもレートの動きをしっかりと把握出来ていないためまだまだ上がるであろうタイミングで手放してしまったり、これからもっと下がるであろうタイミングにも関わらず待ってしまったり。
そして自分の選択と反対の事が起きると、「自分にはFXのセンスがないのではないか」と考えるようになってしまい、徐々に徐々に自分の考えに自信が持っていけなくなる。
結果、思っている事とは逆の事をしてしまって大惨敗を喫してしまったりするようになるのです。
このように、FXで敗北する人は徐々に疑心暗鬼に陥り、正常な判断を下す事が出来なくなっていき、結局負けてしまうというケースがとても多いと言われているのです。

※参考:fx必勝法